うま辛バクバク 唐辛子味 60g

  • 540円(税込)
【うま辛バクバク 赤】


にしんを食べやすい大きさにカットし、皮も大きな骨も丁寧に外しています。
お酒の肴にも子供のおやつにも大人気の商品です。

原 材 料 名
にしん(アメリカ産) 醤油 酒 みりん 砂糖 昆布エキス 唐辛子 食塩
調味料(アミノ酸等)(原材料の一部に小麦、大豆を含む)


 「ニシンってね、食べたらおいしい魚なんだけれどもね。我々取り扱い業者は分かってるけれども、それをお客さんに分かってもらうためには

 ?骨が多すぎる
 ?加工に手間が掛かる割に値段がとりにくい
 ?珍味はイカやホタテのような「白」か、サケトバのように「赤」じゃないと売れにくい

 ニシンを珍味にするのは相当な難儀だと思うよ。」

 と、いうのが珍味専門店で長年勤めた方の意見でした。


 福原はそれを聞いて 「あぁ、ニシンの珍味っていうのは(商売的に)”空き家”なんだな」 とぼんやりと思っていました。

 
 それからこの商品の形になり、販売を始めるまでにはさまざまな試行錯誤がありました。

 横切りしようとか、縦に切ろうとか、

 味はどうだとか、辛さはどうするとか・・・

 その他にも「試作品」は作るだけなのですぐにできるのですが、お店で販売できる「商品」にするためにはいくつもの関門をくぐる忍耐強さと、資金と、時間が掛かります。

 そして、

 得てして・・・こともあろうに・・・

 生産者および加工者は、それを「作り上げる」「世に出す」ことで満足してしまうのです。
 
 商売とは本来、商品という形になったところがスタート地点であるはずなのに「形にすること」に注力しすぎるあまり、販売に関してはとても無頓着ということになってしまうのです。

 しかし、幸いにしてこの「うま辛バクバク」を始めとするバクバクシリーズは、商品販売当初から、小売業(一般的なお店のことです)のみなさんに可愛がってもらい、

 「こうしたらいいよ」「もっとこうだったら売りやすい」

 という声をたくさんいただいて来ました。

 おかげさまで、新聞や雑誌、テレビ番組やラジオ番組など幅広く紹介していただき、たくさんのお問合せをいただきながら成長させていただいております。
 これからもバクバクシリーズは成長・進化をして参ります。

 よろしくお願い致します。

 ・・・。 

 バクバク!

 それは

 「珍味をスティック状にして、食べやすく切ったそのカットの状態を表す単語」

 
 と、やがては広辞苑に記載されるようになるように頑張って参りますので、どうぞ応援をよろしくお願いいたします。

 (二代目社長 福原江太)
上部へ戻る